ブロックチェーン プロトコル

特注された強固なセンサー、バイオセンサー、および食品追跡モニターによって、リアルタイムに食品の品質とその周辺環境をチェック、モニターし、独自のIDやスマートタグ、反改竄メカニズムが設定された個体番号をつけるメカニズムです。このセンサーシステムの開発は、現在EPFLイノベーションパークでスイス当局によって資金サポートを受けています。

供給ラインと品質管理には、柔軟性に富み、計測可能なプロトコルが必要です。商業的な契約はスマートコントラクトとして記録されます。センサーによって生み出される安全・品質データに基づき、スマートコントラクトは自動的に問題を自己解決し、価格設定や任意の価格変動も同時に行います。この技術の開発にあたっては、Parityテクノロジーとパートナーシップを結んでいます。

センサーデータがデジタル化され証明書が発行されると同時に、データの信憑性を保護する必要が生じます。デジタル情報は供給ラインを通過する食品と並行して扱われます。これらの情報は、ハッキングやデータ改竄、詐欺等から保護するために一括管理せず、いつでもチェック可能な様式で記録されます。

Ambrosusの画期的なエコシステムの裏には、開発ツールとモジュールがあります。コミュニティメンバーには、消費者、生産者、製薬メーカー、配達者、ビジネスオーナーを含む社会全体にとって有用な解決案を提供するための拡張機能やアプリ、プロトコルアップグレードなどが提供されます。これらのツールはマイクロ決済を通じてすぐにマネタイズできます。Ethereumベースプロトコルとの相互運用によってスムーズな運用が可能です。

Ambrosusの元になるトークンです。Amberは食品の完全なバリューチェーンの流通経路を追跡し、収集された情報を一つにまとめた記録と結びつけます。またAmberは、Ambrosusエコシステムの燃料とも言える存在です。ネットワークサービスにアクセスし、センサーシステムをチェックでき、またスマートコントロールで保証された商業取引を行うこともできます。Amber tokenの開発にはParity Technologiesの協力を得ています。

センサーシステム

特注された強固なセンサー、バイオセンサー、および食品追跡モニターによって、リアルタイムに食品の品質とその周辺環境をチェック、モニターし、独自のIDやスマートタグ、反改竄メカニズムが設定された個体番号をつけるメカニズムです。このセンサーシステムの開発は、現在EPFLイノベーションパークでスイス当局によって資金サポートを受けています。

ブロックチェーンプロトコル

供給ラインと品質管理には、柔軟性に富み、計測可能なプロトコルが必要です。商業的な契約はスマートコントラクトとして記録されます。センサーによって生み出される安全・品質データに基づき、スマートコントラクトは自動的に問題を自己解決し、価格設定や任意の価格変動も同時に行います。この技術の開発にあたっては、Parityテクノロジーとパートナーシップを結んでいます。

セキュリティーデータ管理

センサーデータがデジタル化され証明書が発行されると同時に、データの信憑性を保護する必要が生じます。デジタル情報は供給ラインを通過する食品と並行して扱われます。これらの情報は、ハッキングやデータ改竄、詐欺等から保護するために一括管理せず、いつでもチェック可能な様式で記録されます。

開発ツール

Ambrosusの画期的なエコシステムの裏には、開発ツールとモジュールがあります。コミュニティメンバーには、消費者、生産者、製薬メーカー、配達者、ビジネスオーナーを含む社会全体にとって有用な解決案を提供するための拡張機能やアプリ、プロトコルアップグレードなどが提供されます。これらのツールはマイクロ決済を通じてすぐにマネタイズできます。Ethereumベースプロトコルとの相互運用によってスムーズな運用が可能です。

Amber

Ambrosusの元になるトークンです。Amberは食品の完全なバリューチェーンの流通経路を追跡し、収集された情報を一つにまとめた記録と結びつけます。またAmberは、Ambrosusエコシステムの燃料とも言える存在です。ネットワークサービスにアクセスし、センサーシステムをチェックでき、またスマートコントロールで保証された商業取引を行うこともできます。Amber tokenの開発にはParity Technologiesの協力を得ています。

Ambrosus ビルダー

エンジェル・ベルセティ

最高経営責任者

最高経営責任者 以前は国連やWorld Resources Forum、ブルームバーグで働き、グーグルでトレーニングを受ける。最年少でプロジェクトリーダーを務め、国連における主要な著作物のリーダーでもある。Versetti & Coとの提携を経て、スタートアップや社会事業、初期の仮想通貨に対する投資を主導。著名な専門家であり、イノベーションやテクノロジー、経済発展に関しては常連の講師(UNESCO, COP21, Davos, Vatucanにて)でもある。ケンブリッジに入学したもののパリ政治学院に移り、そこで歴史学、政治学、心理学の学士号、公共経営学の修士号(優等で卒業)を取得。外交や交渉、ビジネスの資格も保持。

ステファン・メイヤー博士

最高技術責任者

食品分析、超音波センサー、データ暗号化の分野で20年以上の研究開発経験を持つ。以前は、ネスレ、MHM Microtechnique、Vitargent Biotechの研究開発プロジェクトを担当し、Maersk GroupとPerrot GmbHに2つのプロジェクトを販売。スイス連邦工科大学(EPFL)の統合食品栄養センターの創設責任者を務める。ローザンヌ大学にて自然科学の修士号を、リーズ大学にて食品科学の博士号を取得(食品業界における超音波応用分野)。現在はスイス連邦農業局のメンバーも務めている。

ジェーン-ポール・サンドス教授

主任技術者

超音波センサーのアナログ - デジタル信号処理の優れた専門家。センサーおよびマイクロ電子工学分野での彼の経験は40年以上にわたり、サプライチェーンにおける不正行為や改ざんを防ぐためのセンサーシステムのビジョンは、彼の生涯における夢のプロジェクトであった。その後10年間カナダとスイスのシグナルエンジニアとして働き、ル・ロックルのエンジニアリングカレッジで初めてエレクトロニクスとシグナル処理の教授を務め、後に西スイスの応用科学大学にて30年以上従事。オタワ大学でエレクトロニクス工学を学ぶ。

マレック・カーチャイク

ブロックチェーン開発者主任

Ethereumの愛好家であり、Ethereum Meetup Polandの共同主催者、AgileWarsawの創設者。Daftcodeではエンジニアリング部門の社長代理、El PassionでCTO、Aenimaの共同設立者、Gadu GaduではC ++開発者を務め、最大60人の開発者からなるチームを構築、管理した。10歳でコーディングを開始し、ソリディティを含むいくつかのコンピュータ言語を熟知している。ワルシャワ大学にてコンピュータサイエンスの修士号を取得、現在認定スクラムプロフェッショナル。

マシュー・ロバーツ

ブロックチェーン開発者主任

疑わしい契約、セキュリティーおよび交換プラットフォームを専門とするブロックチェーンプログラマー。タイムチェーン、チェーン利用、ZKアトミックスワップなどを含めたDAOとスマートコントラクトのための新しいコンセプトを開発。以前は分散型クラウドストレージのスタートアップStorjと共同設立されたCoinbendのためのPython開発者として働く。これらは、信用が容易でない相手との仮想通貨をトレードするための初の分散型交換機である。

コンラッド・スサルウィンスキ

리드 프론트 엔드 개발자

9年間ヨーロッパ各地でIT産業の最前線を経験。その間Assertis、CodiLimeの主任/シニア開発者として2年、Gamesys、Crowdparkのシニア・フラッシュ開発者として3年、Xstreamでインターネットプラットフォーム開発者として1年、One2Tribeのゲーム開発者として3年働く。Cardinal Stefan Wyszyński大学にて数学の修士号を取得。

エスター・アムスタッド教授

科学アドバイザー(食品捜索)

助教授として終身在職権の取得を目指しながら、スイス連邦工科大学(EPFL)のソフトマテリアル研究所所長を務める。ナノテクノロジーと材料科学を専門とする。以前は、ハーバード大学工学応用科学専攻のポスドク研究員として勤務。ETH Zurichで工学博士を取得。  

カテリーナ・イニシェフスカ

コミュニティマネージャー

投資法、ジャーナリズム、ハイテクノロジーというバックグラウンドを持つ。Startup Odessa、Meshine、Ukraine Democracy Initiativeにてコミュニケーションとアウトリーチを担当。テッサロニキのアリストテレス大学で投資法を教える。以前は、アスタポフ弁護士事務所のアソシエイトとして勤務、また憲法学のジャン・モネ議長のもとでインターンを行った。オデッサ国立大学にて経済学と法学の学士号を取得、テッサロニキ・アリストテレス大学にて投資法の博士号の取得を希望し最終学年に就いている。

Ambrosus スポンサー

ガビン・ウッド博士

テクニカルアドバイザー(コアアーキテクチャ)

Ethereumの共同設立者であり、初のProof of Concept(PoC-1)を発表し、スマートコントラクトとイーサリアム仮想マシンで使用されるソリディティプログラミング言語の発明家。Ethereumの最高技術責任者(CTO)を務めた後、Parityを設立。また、Polkadotと呼ばれる、計測可能なマルチチェーンソリューションの発明家で、Grid Singularityの共同設立者。またBlockchain Capital、Polychain Capital、Melonportの顧問も務める。ヨーク大学にてヒューマン・コンピュータ・インタフェース領域で博士号を取得。

ジュタ・スタイナー博士

テクニカルアドバイザー(サプライチェーン)

Parity and Grid Singularityの共同設立者。以前には、Ethereumでセキュリティ監査のマネージャーを務め、2015年に公共ブロックチェーンを開始する前はEthereum Foundationのセキュリティ監査および調整を監督。また、サプライチェーンの透明性のためのスタートアップ事業であるProject Provenanceの共同設立者であり、それ以前はマッキンゼーでアソシエイトとして働く。ボン大学にて応用数学の博士号を取得。

ブラッド・トリファ博士

テクニカルアドバイザー(ハードウェア)

テクニカルアドバイザー(ハードウェア) Web of Thingsの創設者であり、SwisscomのDigital Labの元ヘッド。EVRYTHNGの共同設立者として、Fortune 100社(コカ・コーラ、ユニリーバ、LVMH、GEを含む)が使用する大規模なIoTプラットフォームを設計、確立。以前はMITとUCLAの研究アソシエイトを務める。ETH Zurich、EPFLにてコンピュータサイエンスの博士号と修士号を取得。また、反響の高かった『Building the Web of Things』の共著者。

マルコム・J・W・ポービー教授

科学アドバイザー(食の安全分野

科学アドバイザー(食の安全分野) 食の安全に関する技術、特性、加工分析について世界的に著名な専門家。1973年にランカスター大学で食品物理学の博士号を修得して以来、150を超える学術出版物や書籍を執筆、食品センサー分野で最も著名な英国の専門家の一人として自身を確立した。また、食物センサー分野の熱心な革新者であり、Cygnus UVM超音波速度計、Acoustiscanスキャナー、Ultracaneブラインドエイドなど、いくつかの食品探知技術の共同発明家でもある。リーズ大学で食物物理学の教授を務める。

(English) David Drake

(English) Strategic Advisor

(English) Jehan Chu

(English) Strategic Advisor

ヤーロン・ルカシェーヴィッチ

戦略アドバイザー

ヤーロン・ルカシェーヴィッチは2012年からビットコイン及びブロックチェーンテクノロジーにかかわっている.ヤーロンはニューヨークのビットコイン市場であるCoinsetterの最高経営責任者であり,カナダのビットコインシステムの最有力企業であるCavirtexの最高経営責任者でもあった.この二社は2016年にKrakenによって買収されている.Coinsetter設立以前はJ.P.モルガンで投資銀行家として企業の合併や買収に携わっていた.またThe CapStreet Groupにおいて直接投資の専門家でもあった.ヤーロンはライス大学の経営学学士号を有している.

(English) Dhanesh Kothari

(English) Mentor

ファビオラ・ディオニシ博士

科学アドバイザー(品質管理)

1993年以来Nestleで働いていた経験から食品業界を包括的に理解しており、加工や流通段階における食品の品質、安全性、栄養を専門とする。2014年以降はNestleのグローバル研究開発プログラムリーダーを務める。世界的に認められた栄養学の専門家で、サリー大学にて食品科学と医学の修士号、ミラノ大学にて生物工学の博士号、また食品技術研究所の証明書も保有。

サンドロ・カッラーラ教授

科学アドバイザー(バイオセンサー)

スイス連邦工科大学(EPFL)統合システム研究所のシニア科学者。バイオセンサーとDNA分析を専門とする。IEEE Circuits and System Society理事、ボローニャ大学元教授。バイオエレクトロニクスの著名な専門家で、7冊の本を執筆、200本以上の論文を出版し、12の特許を保有。

デヴィッド・ワッチマン

広報アドバイザー

ブロックチェーン界で広報活動に携わる有力者。彼の会社Wachsman PRは、同業他社の中でもDash、Iconomi、Aragon、Steemit、Krakenなど様々な企業のプロジェクトのためにパブリック・アウトリーチ活動を進めてきた。仮想通貨業界に入る前は、Erich Communicationsのエグゼクティブディレクターを務める。ビンガムトン大学卒。

トム・ライオンズ

コミュニケーションアドバイザー

クリプト・バレーにて通信機関系統の会長を、またライオンズ・コミュニケーションズのオーナーを務める。以前はUBSのコミュニケーションスペシャリストとして働き、そこでUBS Blockchain White Paperを作成。その前はCredit Suisse、チューリッヒ州立バンク、Clariden Bankのマーケティング・スペシャリストを務める。ニューヨーク・コロンビア大学にて比較文学学士を取得。

サポート&認証i


弊社へのアクセス

Ambrosus Technologies GmbH Gotthardstrasse 26, 6300, Zug, Switzerland Tel. + 41 795 96 5876

Ambrosus Technologies sarl
EPFL Innovation Park,
Station 13, 1015, Lausanne, Switzerland
Tel. +43 676 633 0778